倫理方針

  • 207
更新:2014年7月21日

アメリカ心臓協会の倫理方針は、私たちの組織を特徴づける、高い業務遂行基準を反映するものです。この倫理方針は、当協会のすべての活動におけるオープンな文化、信頼、誠実性、品位に対する献身を支えています。
 
私たちは、アメリカ心臓協会のすべての活動を、最も高い倫理的行動基準に基づいて行うよう尽力しています。私たちは皆、この方針に従うとともに、お互いにこれを推奨する責務を負っています。
 
ボランティアやスタッフとして、私たちはすべてのお客様とともに働くことに情熱を注ぎます。「間違ったことを行う」ための「正しい方法」など存在しないという事実を心に留め、誠実さ、公平さ、一人ひとりへの敬意をもって、私たちは使命を果たすよう専念しなければなりません。
 
当倫理方針は、私たちの遂行基準を明確化するものです。これにより、アメリカ心臓協会は、ボランティアや従業員に自らの行動と倫理規定との関連性を理解するよう期待しています。当倫理方針は、ただ法律に準拠するだけではなく、偽りのない品位をもって業務を遂行するという、長期にわたる責務を示すものです。
 
今日、アメリカ心臓協会の品位と誠実性に関する高い評価は、評判はこれまでになく重要となっています。アメリカ心臓協会では「何をするか」、また、それをいかに行うか」を考える際、常に私たちの責務について考え、次のように自問しましょう:「私は“正しいこと”を、“正しい理由”で行っているだろうか?」
 
倫理規定
倫理規定要約には以下の条項が含まれます:
アメリカ心臓協会の従業員とボランティアは次のことを行わなければなりません:
  • 職場において、責任あるパートナーとして、同僚に対して積極的に倫理的な行動を促進する。
  • AHA のお客様、サプライヤー、競合団体、ボランティア、従業員に対し、公平に接する。
  • 正確、完全に客観的、適切、タイムリーで理解可能な情報を提供する。
  • 適用される政府の法律、規則、規制を遵守する。
  • 開示が認められた場合や、法律により開示の義務がある場合を除き、AHA またはお客様から提供された情報の守秘義務を守る。
  • あらゆる不正行為の防止、調査、報告に関する責任を負う。
  • 私的および公的な関係における実際または明白な利益相反に対する倫理的な対処を含め、誠実かつ論理的に行動する。
  • 会社の資産を保護し、これを適切に扱う。
  • 外部監査人に不当または不正な影響を及ぼすことを禁じる。
当倫理方針の目的は、アメリカ心臓協会のすべての運営および業務において、オープンな文化、信頼、品位を後押しすることにあります。 この倫理方針をよく理解するためには、AHA のすべてのボランティアと従業員による参加およびサポートが必要です。
 
アメリカ心臓協会では、ボランティア、職員、パートナー、ベンダー、お客様とともに、心臓血管疾患と脳卒中による障害や死を減らすよう専心して取り組んでいます。  私たちは、AHA のすべての活動を、最も高い倫理的行動基準に基づいて行うよう尽力しています。 AHA の人事管理方針マニュアルの倫理規定は、日々の業務における意思決定と行動のガイドラインとなっています。
 
私たちは AHA の資産を次に挙げることに対して、責任をもって使用するよう努力します;正確、完全かつ客観的な情報の提供。財務やその他の情報の守秘義務の尊重。すべての活動において相当な注意、誠意を持って行動すること。すべての規則および規定に対する順守。倫理的行動の積極的な推奨。
 
AHA の倫理観は AHA の指針基準に基づくものです。 このように私たちは、いかに業務を遂行し、周りからどう見られたいかという共通の見解を反映する次のような価値を実行および促進することによって、協会の総合的な成功を確実に実現するという責任が一人ひとりにあることを理解しています。
 
当協会の価値
  • 人々がより良く、より長く生きるための支援
  • 科学の実現
  • 信頼できる話し方
  • 強力なパートナーシップの構築
  • 意欲的、情熱的な取り組み
  • 自分から相手に会いに行く
  • 大きな影響を与える
  • すべての人々に対する、公平な健康の実現
当協会の人材
AHA はボランティアと職員に対し、多様性を尊重した職場環境を提供するよう尽力しています。 人事管理におけるすべての方針および活動は、あらゆる人材が自身の潜在能力を最大に発揮できるよう、互いを尊重する職場環境を作ることを目的としています。
 
人種、肌の色、国籍、宗教、性別、性的指向、結婚歴、年齢、従軍歴、または障害にかかわらず、従業員には機会が提供されます。この方針は、求人、雇用、配置、研修、育成、異動、昇進、降格、勤務評定、報酬、福利厚生および離職を含む雇用のあらゆる局面において、採用希望者と従業員の両方に適用されます。
 
従業員、ボランティア、お客様に対して定期的にフィードバックを依頼することで、倫理規定の達成度を評価します。あらゆる利害関係者に対し、非倫理的行動を報告できる方法を提供します。従業員向けのオリエンテーションを出発点とし、従業員やボランティアに対し、定期的にこれらすべての期待を伝えます。
 
AHA のボランティア、従業員、契約業者、サプライヤーは、不当だと思われるあらゆる行為を、スーパーバイザー、AHA のリーダー、人事部門または AHA 倫理ホットラインに報告するよう求められます。

当協会のお客様
私たちは顧客満足度 100% を目指して全力を尽くします。  私たちは「お客様の熱意」を高めることに努め、お客様の期待を超えられるよう尽力します。変化するお客様のニーズを予測し、タイムリーで革新的かつ卓越したプログラム、製品、サービスを生み出すことに力を注ぎます。
 
不正
不正とは、他人を欺くことを目的としたあらゆる意図的な行為または怠惰のことであり、この結果として、被害者が損失を受ける、および / または加害者が利益を得ます。 AHA 役員会および上級管理職は「不正行為ゼロ」の姿勢を表明しています。 役員会に加え、ボランティア、経営陣、協会のあらゆるレベルのスタッフは、不正の防止、発見、報告を行う責務を負います。
 
このポリシーは、上記に定義された不正に加え、以下を含む(ただしこれらに限定されない)一切の不正行為に適用されます:
  • 資金、証券、調達、その他の資産の不当な使用。
  • 財務上のやり取りまたはその報告における不適切な行為。
  • 企業計画または活動などの内部情報を利用した不当利得。
  • 外部の第三者への秘密・機密情報の開示。
  • 他人に影響を与えて利益や利得を得ることを目的とした、故意の虚偽表示または重要な事実の隠蔽。
  • AHA にサービス / 物品を提供する契約業者、ベンダー、個人からの物的価値の受領または依頼(ギフト受領ポリシーに準ずる場合を除く)。
  • 記録、家具、備品、設備の破壊、撤去、または不正使用。
  • 類似または関連する一切の不正行為。
経営陣の各個人は、自身が監督する範囲内で起こりうる不正について熟知し、不正行為のあらゆる兆候に注意を払います。 AHA とビジネスを行う従業員、ボランティア、コンサルタント、ベンダー、契約業者、外部機関は、不正が確認された、または疑われた場合、下記の「倫理的侵害の報告」に従って直ちに報告するものとします。 不正や詐欺的な行為を疑う、または報告する従業員や個人はすべて、疑われた不正行為に関する調査または聞き取りを個人的に行おうとしてはなりません。 調査は、法務部門ならびに影響を受けた内部および外部の他の組織と連携して行います。 不正行為に関する詳細については、AHA不正リスク管理プログラムを参照してください。

利益相反
[AHA 利益相反方針を参照してください]
 
協会の資産および情報
従業およびボランティアは、現金、設備、記録、従業員およびお客様の情報を含む AHA の資産を常に保護するよう求められます。 これには、AHA の記録、ならびに、従業員およびお客様の情報に関する守秘も含まれます。

無差別方針
AHA の方針において、ボランティアのメンバーシップ、スタッフの構成、アメリカ心臓協会ならびに関連組織および構成組織のすべてのプログラムと活動は、人種、宗教、国籍、性別、年齢、障害者、またはその他の配慮に値しない基準に関わりなく計画・実施するものとします。

違反の報告
上記の方針に関して疑問や不明な点がある場合、あるいは「正しい」行いについて確信が持てない場合は、まずはスーパーバイザー、プログラムのリーダー、AHA のリーダーまたは人事部門に相談することを強くお勧めします。 上記の人物に連絡することに対して不安がある場合は、AHA 倫理ホットライン 866-293-2427 または www.ethicspoint.com に連絡し、懸念事項を報告してください。内密に対応いたします。AHA によりまたは AHA 内で行われた違法、不正、または適用される方針に違反する行為あるいはそれと疑われる行為について、誠意をもって報告する取締役、理事、役員、従業員、ボランティアは、威嚇、嫌がらせ、差別、またはその他の報復を受けることはありません。AHA は差別の可能性がある訴えや報告を深刻に受け止め、協会の規定および適用される法律の定めるところにより調査を行います。